くらし情報『アダム・クーパー、ミュージカル『雨に唄えば』で10トンの水を浴びる。“セカンドホーム”の日本でユーモアたっぷり制作発表会見。』

2014年7月23日 13:55

アダム・クーパー、ミュージカル『雨に唄えば』で10トンの水を浴びる。“セカンドホーム”の日本でユーモアたっぷり制作発表会見。

会見で茶目っ気たっぷりのアダム・クーパー

会見で茶目っ気たっぷりのアダム・クーパー

ミュージカル映画『雨に唄えば』といえば、ジーン・ケリーが雨の中であの有名なメロディー~SINGIN’ IN THE RAIN~♪を歌い、踊る場面を思い浮かべるだろう。今秋、日本にてジーン・ケリーが演じた“ドン”役を演じる世界のスーパースター・ダンサー、アダム・クーパーが来日した。

23日、TOKYO FM HALLにてアダム・クーパーin『雨に唄えば』日本版特別公演制作発表会見が行われた。ロンドンでは連日満員の盛況ぶりを見せ、英国各紙5つ星を獲得した大評判のミュージカル『雨に唄えば』が日本に上陸する。

足取り軽やかに登場し、日本を「セカンドホーム」と冒頭の挨拶で語ったアダム・クーパー。「U.K.の次に公演をするのを考えた時、日本だった。日本で公演できることが嬉しい」とニッコリした。

雨の中で歌い踊るシーンでは10トンもの水が使われたという。司会者から「(そんなに水を被って)大丈夫でしたか?」と質問されると「wet and cold!(濡れて寒かった)」と冗談っぽくお茶目に答える場面もあった。このシーンは恋をして恋に落ち、その喜びを演じるシーンだという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.