くらし情報『『あまちゃん』の音楽担当・大友良英が”音頭”にハマったワケ。「俺の理想はこれだ!」』

2014年8月23日 20:55

『あまちゃん』の音楽担当・大友良英が”音頭”にハマったワケ。「俺の理想はこれだ!」

『あまちゃん音頭 』PV。(画像はYouTubeのサムネイル)

あまちゃん音頭 』PV。(画像はYouTubeのサムネイル

NHK朝ドラあまちゃん』のテーマソングをはじめとする音楽を担当した大友良英。実はフリージャズやノイズミュージックに傾倒する音楽家として知られる。だが、彼は『あまちゃん』に関わったことで“音頭”に目覚め、『あまちゃん音頭』を作るまでになった。いったい、彼の中で何が起きたのか。

THE ALFEEの3人がゲストとともにお題に沿ったおすすめミュージックを選ぶという一風変わった音楽番組『音楽音泉』(NHK総合)が8月21日に放送された。その中で映画音楽をテーマとしたコーナーでゲストに登場したのが大友良英(おおともよしひで)である。彼は、知らない人が聞くと雑音や騒音と思うこともありそうな、ノイズミュージックの演奏や作曲で有名な人物だ。しかし、一般的にはドラマ『あまちゃん』の音楽を担当して広く知られるようになった。

様々な音楽に関わるだけに、その感性にはTHE ALFEEも感心していた。彼は映画『007』シリーズの“ジェームズ・ボンドのテーマ”でギターによるメロディーラインの次に出てくるブラスサウンドによるフレーズが「音頭に聞こえてしょうがない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.