くらし情報『乳がんを克服した証。マンデラ元大統領の孫、再建した胸をSNSで披露。(南ア)』

2014年9月20日 17:40

乳がんを克服した証。マンデラ元大統領の孫、再建した胸をSNSで披露。(南ア)

娘のゼナニさん(13)が南アフリカで開催されていたワールドカップのスタジアムに向かう途中、交通事故で死亡したショックからだった。「ゼナニが亡くなる10日前から彼女とは会っていなかった。娘といることよりドラッグを選んだから。これは私が一生背負っていかなければならない罪だ」と述べている。さらに2011年、未熟児で産まれた子供も亡くし、今は10歳の息子しかいない。

2年前に乳がん発見により、乳房切除と化学療法を行ったことについては「子供との繋がりでもある乳房を失うのが一番つらかった」とゾレカさんは振り返る。化学療法を2013年に終了、現在キャンサーフリーとなったゾレカさんは、再建術で乳房を得て今後は乳首の手術を受ける予定だ。「早期発見が私の命を救った。がんと闘っている人の力になることが、これからの私の生き甲斐になる」と語っている。
(TechinsightJapan編集部FLYNN)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.