くらし情報『野生動物公園で殺処分した鹿やイノシシ、それらの肉をレストランで提供。(スイス)』

2014年10月13日 13:40

野生動物公園で殺処分した鹿やイノシシ、それらの肉をレストランで提供。(スイス)

スイスの野生動物公園、動物の肉をレストランで提供(画像はイメージです)

スイスの野生動物公園、動物の肉をレストランで提供(画像はイメージです)

スイス・チューリッヒ南部にある動物園のレストランで提供されている肉料理のメニュー。それはなんと園にいる動物を殺してさばいたもので、国内の動物愛護団体が猛烈に反発していることが分かった。

日本でも「一度は食べてみたい」という人がいる鹿、イノシシの肉。しかし、大勢の子供たちが訪れる動物園でそれを口にするのはためらわれるだろう。だがスイスのある動物園では驚くようなサービスを展開している。レストランで提供している肉料理のいくつかは、園内に生息している動物たちのものだというのだ。

スイス・チューリッヒ南部のラングナウ・アム・アルビスにあるその野生動物公園。広報担当者のMartin Kilchenmannさんがスイスのメディア『Der Landbote』に語ったところによれば、見学者の目ばかりか舌をも楽しませているのは鹿、イノシシたちで、園内で生息する動物の個体数を一定にコントロールするために殺処分され、肉はガーデンレストランで客に提供される。園はそのことを“エコロジーと自然界の法則にしたがったリサイクル”と説明し、客もよく理解して支援を続けてくれているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.