くらし情報『嵐・ハワイライブで腰を痛めた二宮。彼を支えた大野リーダーの言葉が“名言”。』

2014年11月8日 13:10

嵐・ハワイライブで腰を痛めた二宮。彼を支えた大野リーダーの言葉が“名言”。

嵐のハワイライブとその後のメンバーの表情を収めたドキュメンタリー番組『嵐 15年目の告白』で、ライブ中に二宮和也が腰を痛めていたことが明かされた。それでもステージをやり遂げた彼は、ライブ後のメンバーとの会話で仕事への心がまえを語る。二宮は、リーダー・大野智のある言葉によってそうした考えを持つようになったという。

アイドルグループ・嵐のリーダー、大野智は「自分はリーダーらしいことはやっていない」と口にする。11月7日放送の『嵐 15年目の告白~LIVE&DOCUMENT~』(NHK総合)では、「影のリーダーは櫻井翔」とも語っている。確かにライブをはじめ、嵐の活動で周囲への配慮やグループの方向性などリーダーシップを発揮するのは櫻井翔松本潤かもしれない。しかし、リーダーの役割がそれだけではないことが二宮和也の証言で分かった。

嵐デビュー15周年記念ライブ『ARASHI BLAST in Hawaii』が日本時間で9月20、21日に開催された。その1日目のステージが中盤に入った頃、二宮和也が腰を痛めた。バックステージで「左足がしびれる」と訴える彼を心配して、松本潤らメンバーは次の曲でジャンプアップで登場する予定を負担が少ないスライドアップに変更。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.