くらし情報『ビートたけしが、薬物に手を出さない理由。ヒロポンに溺れた先輩芸人らの末路を見ていた。』

2014年11月11日 21:25

ビートたけしが、薬物に手を出さない理由。ヒロポンに溺れた先輩芸人らの末路を見ていた。

「薬物はやったら終わり」とビートたけし

「薬物はやったら終わり」とビートたけし

今年10月に警察庁が公表したところによると、危険ドラッグを乱用して死亡した疑いがある人は今年1~9月で計74人に上るという。2012年8人、2013年9人という数値から、今年になって急増しているのだ。芸能界は昔から薬物の誘惑が多いと言われているが、ビートたけしはテレビ番組で「やったら終わりだから」と断言する。それは薬物依存となった先輩芸人らの悲惨な状況を目の当たりにしたからだった。

11月10日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)では薬物問題を扱い、司会のビートたけしは自分がそういった類のものを使用する気になれなかった理由を明かした。

たけしが浅草フランス座に出入りしていた25、6歳頃のことだ。楽屋には先輩芸人らが使用したヒロポンの空になったアンプルが、山のように残されていたという(ヒロポンとは太平洋戦争下に使用された覚せい剤の一種。1951年に使用所持が禁止された)。それほど、当時はヒロポンが世の中に広まっていたのだ。進行役の阿川佐和子が「なぜ、たけしさんはハマらなかったんですか?」と訊ねると、先輩芸人の「末路を見ているから」とたけしは答えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.