くらし情報『『笑点』の裏話を三遊亭小遊三が暴露。今だから言える「大問題」。』

2014年12月1日 12:30

『笑点』の裏話を三遊亭小遊三が暴露。今だから言える「大問題」。

人気演芸バラエティ番組『笑点』でおなじみ落語家の三遊亭小遊三が、同番組の裏話をローカル番組出演時に明かした。福岡市で『笑点』の収録が行われた時にロケしたもので、「福岡のお客さんはコワイね」と感想を漏らしていた小遊三だったが、かつては『笑点』で「大問題」ともいえる事態が収録中にときどき発生していたようだ。

『笑点』の収録が10月に福岡・キャナルシティ劇場で行われたことから、福岡を訪れた三遊亭小遊三がFBS福岡放送『ナイトシャッフル』に出演。彼が博多の街を食べ歩きながら落語界や『笑点』の裏話を明かしたものが11月23日に放送された。

現在67歳の三遊亭小遊三は、1968年に三遊亭遊三に入門。1983年に真打となり『笑点』のレギュラーとなる。芸歴46年の彼に「寄席の控え室では、みなさん勢いづけでお酒を飲んだりするのか?」と聞くと、「高座に上がる前にはそんなに飲まない。勢いつけて舌がもつれちゃね」という。

さらに小遊三は「飲まない人が出世しているね」と今の桂歌丸や先代の三遊亭圓楽、そして立川談志を挙げた。立川談志も世間が言うほど酒は飲まなかったそうだ。「人間、やっぱりしらふの時間の方が長くなけりゃダメよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.