くらし情報『妊娠中の海外旅行“まさか現地で”に保険は? ハワイ緊急出産で1億円の請求に泣いた例も。』

2014年12月27日 12:50

妊娠中の海外旅行“まさか現地で”に保険は? ハワイ緊急出産で1億円の請求に泣いた例も。

ハワイでの緊急出産で1億円を請求されたカナダの夫婦(画像はctvnews.caのスクリーンショット)

ハワイでの緊急出産で1億円を請求されたカナダの夫婦(画像はctvnews.caのスクリーンショット)

先月のこと、旅行先のハワイでの予期せぬ出産により1億円を超す費用を請求されたカナダ在住の夫妻が話題を呼んでいた。日本でも年末年始の休暇がスタートしたが、妊娠中の海外旅行はやはり慎重な判断のもと、現地での緊急出産という事態にならないよう気をつけて頂きたい。

すでにホリデーシーズンに入っている欧米だが、11月に話題となった「ハワイ旅行中に緊急出産したカナダ人女性に1億円超の請求書」というニュースを受けて、妊娠中の旅行の是非を再検討する人、海外旅行保険の約款の読み直しや加入先を見直す人が増えているそうだ。居住や仕事で現地の健康・医療保険に入っているならともかく、そうでない一般の旅行者の海外旅行にはトラブルが付きまとうこともあり、妊娠中ならなおさらである。

カナダ・サスカチュワン州在住のジェニファー・ハクラックさんは妊娠6か月であった昨年秋、Blue Crossという米大手保険会社の健康保険に加入し、医師の許可を得て夫とともにハワイ・マウイ島に旅行した。だが現地で破水してホノルルの大病院に空輸搬送され、早産の末に赤ちゃんはNICU(新生児集中治療室)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.