くらし情報『福山雅治が1位。徳永英明、三浦大知を抜く。ゲス乙女、乃木坂が躍進した“九州アーティスト BEST30”』

2014年12月31日 17:55

福山雅治が1位。徳永英明、三浦大知を抜く。ゲス乙女、乃木坂が躍進した“九州アーティスト BEST30”

ダンスリハーサルの動画が話題を呼んだ三浦大知(画像はYouTubeのサムネイル)

ダンスリハーサルの動画が話題を呼んだ三浦大知(画像はYouTubeのサムネイル

九州出身のアーティストに投票する『第18回九州伝説リクエスト』が発表され、今年は福山雅治が1位に返り咲いた。昨年1位の徳永英明や2位の三浦大知が順位を落とすなど、上位陣での人気争いが熾烈なものとなった。一方で藤原さくらやKANIKAPILA、そしてゲスの極み乙女。など新しい顔ぶれがランクインしている。

『第56回 輝く!日本レコード大賞』が12月30日に開催され、三代目 J Soul Brothersが楽曲『R.Y.U.S.E.I.』で大賞に選ばれた。また、桑田佳祐がラジオ番組で12月20日に発表した『桑田佳祐が選ぶ2014 邦楽ベスト20』では松山千春の『歩き出してくれないか』が1位となるなど、今年1年のアーティストの活躍を振り返る企画も様々だ。そんな中で、九州エリアに絞ったアーティストの人気投票が今年も行われた。

ラジオ番組『ミュージック・サロン』(FM FUKUOKA)で12月19日に発表された『第18回九州伝説リクエスト最終結果(ベスト30)』の結果は次のようになった。(リスナーが九州出身のアーティストに、リクエストにより投票したものを集約。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.