くらし情報『金属棒を頭に刺した男性が「助けて」とウロウロ。NZのガソリンスタンド騒然。<動画あり>』

2015年1月21日 17:35

金属棒を頭に刺した男性が「助けて」とウロウロ。NZのガソリンスタンド騒然。<動画あり>

タイヤレバーを頭に刺した男性に店内騒然(画像はYouTubeのサムネイル)

タイヤレバーを頭に刺した男性に店内騒然(画像はYouTubeのサムネイル

ニュージーランドのとあるガソリンスタンドで、1人の男性がこめかみに金属製の棒を刺した姿でうろつき、他の客を身震いさせていたことがわかった。そのショッキングな動画も公開され、男性の容体が心配されている。

このほどニュージーランドのベイ・オブ・プレンティ地方で、金属の棒を右のこめかみに刺した1人の男性がガソリンスタンドに入店し、人々に大きなショックを与えた。こちらは17日、YouTubeに“WATCH:Man With Metal Rod In His Head Walks Calmly Into Service Station Shop In New Zealand”というタイトルで投稿された、その時の監視カメラの映像である。

23歳だというその男性は「数百メートル離れたところに車を停車させたところ、突然暴漢に襲われ、タイヤレバーの尖った側で頭を刺された」と説明。助けを求めるため、何とか車を運転してスタンドにやって来たという。どうせハロウィン的な悪ふざけか、“ドッキリ”番組の撮影であろうと誰も男性を相手にしなかった中、流れる血とあまりにも真剣な訴えにスタッフがジョークではないと判断して通報。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.