くらし情報『EXILE・黒木啓司が映画初主演で青年海外協力隊役に挑戦。「自分の良さを出してこい」とメンバーからもエール。』

2015年1月27日 13:55

EXILE・黒木啓司が映画初主演で青年海外協力隊役に挑戦。「自分の良さを出してこい」とメンバーからもエール。

気合い十分な渡辺大と黒木啓司

気合い十分な渡辺大黒木啓司

歌にドラマ、熱いパフォーマンスでファンを虜にするEXILE。その中の一人、黒木啓司が熱きハートを持ち揺れ動く隊員役で銀幕デビューを果たす。フィリピンでの撮影を前に意気込みを語った。

26日、東京・青山にて映画『クロスロード』制作発表記者会見が開催され、映画初出演となる黒木啓司EXILE)、渡辺大アローディアすずきじゅんいち監督が登壇した。「出会って間もない」という渡辺の言葉通り、和気あいあいというよりも緊張した面持ちで会見に臨んだ出演者たち。

脚本を読んだ感想、役作りを聞かれた黒木は「(沢田樹は)今までとは違う等身大でやれるような真っ直ぐな人間で、そういう部分が自分に似ていると思う。震災時にEXILEでやったボランティア活動で自分が感じたものをしっかり役としてぶつけていければ(いいと思っている)」と意気込みを語った。映画出演に対し「気張らずに、自分の良さを出してこい」とEXILEメンバーに言われたという黒木。EXILE魂である「僕らは日本を元気に」という気持ちでボランティアをやっていた経験がきっと役に活かされるであろう。

一方、渡辺は「役の中で英語のセリフが多いので頭の中を洗い直し、英語と日本語をちゃんと切り替えナチュラルに芝居ができるようにと考えている」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.