くらし情報『北陽・虻川、出産から1か月で心身ボロボロ。“完全母乳”を目指すも、上手くいかず…。』

2015年3月7日 16:15

北陽・虻川、出産から1か月で心身ボロボロ。“完全母乳”を目指すも、上手くいかず…。

虻川美穂子のブログのスクリーンショット

虻川美穂子ブログのスクリーンショット

2月3日に第一子となる男児を出産した、お笑いコンビ・北陽の虻川美穂子(40)。出産後5回ほどブログを更新しているが、内容のほとんどが母乳に関することである。母乳の飲ませ方などで悩み、この1か月間の記憶が曖昧なほど心身ともに疲れているようだ。

本格的な育児が始まってから、やっと虻川美穂子ブログ『はれ時々あぶ』を更新したのは2月14日。タイトルはズバリ「母乳~!!」、そこには不器用で生真面目な彼女が日々奮闘している様子が綴られており、涙が出そうな内容である。

“母乳で育てたい”と望んでいる虻川は、3時間ごとに母乳→ミルク→搾乳を繰り返しているようだ。新生児は少量しか飲めないので、搾乳が終わるまでかなり時間がかかっているはず。オムツ替えなどの日常のお世話も、“早く終えなければ”と力が入り、体がカチカチに硬くなっているそうだ。「頭は母乳でいっぱい、目は血走っている」と綴られている。

その後も出産した病院に勧められて、母乳相談に訪れた産院で授乳の仕方をアドバイスされると、“だから飲まなかったのかな”と分かったようだ。おやつにはサツマイモに豆乳、ハーブティーと母乳に良いとされるものばかり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.