くらし情報『ケリー・クラークソンが激太り。英ジャーナリストがまさかの“ただのデブ”発言。』

2015年3月7日 16:55

ケリー・クラークソンが激太り。英ジャーナリストがまさかの“ただのデブ”発言。

ケリー・クラークソン、毒舌ジャーナリストに体型を批判される。

ケリー・クラークソン、毒舌ジャーナリストに体型を批判される。

デビュー当時より決して細身ではなかったものの、夫と付き合い始めた頃にはダイエットを宣言。少々スリムになった時期もあったケリー・クラークソン(32)が、いつの間にかリバウンドどころか最大級に太ってしまった。そんな彼女につき、毒舌家として知られる英ジャーナリスト/TVパーソナリティ/コラムニストがまさかの暴言を放った。

昨年6月に第1子出産を無事に終え、夫と共に大喜びした歌姫ケリー・クラークソン。しかし妊娠中についた贅肉は落ちるどころか、最近ますます太ったもよう。腕も脚もパンパンの彼女をTVで見た英ジャーナリストのケイティ・ホプキンス(40)は、思わずこうツイートしている。

「ケリーに何があったっていうの?バックシンガーを全員食べたんじゃないの?ワイドスクリーンがあって良かったわ。」
「彼女が出産したのは、1年も前なのよ。だからあれは“ベイビーウェイト”なんて呼べるもんじゃない。人参ケーキを食べたせいでついた贅肉よ。」

これを知ったケリーは、インタビューにて批判に言及。「私につき酷いツイートをしたんですって?」「それは彼女が私を知らないからよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.