くらし情報『全裸で「木々と性交する神」を主張。新ドラッグ“Flakka”はあまりにも危険。(米)』

2015年4月18日 20:15

全裸で「木々と性交する神」を主張。新ドラッグ“Flakka”はあまりにも危険。(米)

危険ドラッグ“Flakka”を使用した男、全裸で不審な行為(画像はnydailynews.comのスクリーンショット)

危険ドラッグ“Flakka”を使用した男、全裸で不審な行為(画像はnydailynews.comのスクリーンショット)

米フロリダ州でこのほど、超人的なパワーで木に登った全裸の不審者。通報を受けて駆け付けた警察官にすさまじい力で抵抗し、逮捕された。現在アメリカで超危険なドラッグとして話題になっている“Flakka”を乱用したことがわかっている。

フロリダ州ブレバード郡のメルボルン警察はこのほど、自身を“神”と名乗るケネス・クラウダーという41歳の男を逮捕したことを発表した。クラウダーは全裸で町を駆け抜けると超人的なパワーと素早さで木に登って通報されたが、職務質問に対し「私は木とセックスをする神、“ソー”だ」と言い放つといきなり木の枝に男性自身をこすりつけた。さらに警察官の胸のバッジを奪おうとしたクラウダーには薬物使用が強く疑われ、その場で逮捕となったという。

メルボルン警察広報担当のダン・リンチ氏は『NBC 6 News』の取材に対し、「クラウダーを大人しくさせるには複数の手が必要で、テーザー銃を2度発射する必要がありました」と説明。拳を握りしめて警察官の顔を殴ろうとテーザー銃の威力に歯を食いしばって抵抗する姿には驚いたとし、クラウダーが使用していた薬物は安価で販売されている合成麻薬の“Flakka”と判明したことに触れている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.