くらし情報『マシュー・マコノヒーが“日本で自殺を考える男”を熱演。しかしカンヌでは大ブーイング。』

2015年5月17日 12:01

マシュー・マコノヒーが“日本で自殺を考える男”を熱演。しかしカンヌでは大ブーイング。

マシュー・マコノヒー、まさかのブーイングにもめげず

マシュー・マコノヒー、まさかのブーイングにもめげず

アカデミー賞主演男優賞を受賞したこともあり、演技力については常に高い評価を得てきた俳優マシュー・マコノヒー(45)。彼が渡辺謙(55)と共演した話題作が仏カンヌにて上映されたが、評価は芳しくなかったようだ。

このほど、カンヌ国際映画祭にてマシュー・マコノヒーの主演作『Sea of Trees(原題)』が公開された。ガス・ヴァン・サント監督がメガホンをとった同作品にて、マシューは自殺願望を持ち日本の樹海に入る男を熱演。そこで渡辺謙が演じる日本人男性と出会うといったストーリーが展開するのだが、これを観たカンヌのオーディエンスはまさかのブーイングでヤジを飛ばした。

これを受け、マシューは記者団に対して毅然とした態度でこう語っている。

「僕自身は、あの映画への出演を楽しみました。それに世界に作品を紹介する機会を得られたことを、嬉しく思っているんですよ。」

またブーイングについても「別に構わない」と話すマシューは、作品の出来に納得しているもよう。低評価ながらマシューの自信ある態度もあり、「とりあえずは作品の一般公開を待ちたい」と鑑賞を望む声もあがっている。
(TechinsightJapan編集部ケイ小原)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.