くらし情報『覚せい剤乱用者40万人の豪、下院議員が示した恐ろしい奇行の事例。「メタンフェタミン」の恐怖。』

2015年6月19日 16:45

覚せい剤乱用者40万人の豪、下院議員が示した恐ろしい奇行の事例。「メタンフェタミン」の恐怖。

強い中枢神経興奮作用ゆえ、様々なトラブルや事件を起こす危険なドラッグのひとつに挙げられる覚せい剤の「メタンフェタミン」。この乱用がどれほど恐ろしいものか、オーストラリアの政治家がある会合で大変ショッキングな事例を発表した。

「メタンフェタミン」という恐ろしい覚せい剤。常軌を逸した行動を起こさせ、人を廃人に追い込んで行くこともあるこの覚せい剤について、背筋が凍るような事例が次々と報告されている。そんな中、このたびニューサウスウェールズ州のタンビ・アンビにて開催された『Central Coast Ice Summit』というサミットで、オーストラリア自由党の下院議員であるカレン・マクナマラさんが、ドラッグに安易に手を出すことの恐ろしさを知ってほしいと依存症患者のとんだ奇行の事例を発表した。

「ニューカッスルのジョン・ハンター病院で実際にあったという話を紹介します。メタンフェタミン依存の少年が、眼球を自らの手でえぐり出して食べたといって運ばれてきたそうです。メタンフェタミンには“気晴らしの効果”どころではない、恐ろしい影響を人体にもたらすという事実をすべての国民に知らせる必要があります。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.