くらし情報『宇多田ヒカルや吉田美和と同じ“1/fゆらぎ声”を持つMs.OOJA。心に沁みわたる新曲『花』がドラマ『シメシ』の主題歌に。』

2015年6月25日 16:30

宇多田ヒカルや吉田美和と同じ“1/fゆらぎ声”を持つMs.OOJA。心に沁みわたる新曲『花』がドラマ『シメシ』の主題歌に。

“1/fゆらぎ声”を持つMs.OOJA。新曲は『花』

“1/fゆらぎ声”を持つMs.OOJA。新曲は『花』

聞く者にヒーリング効果を与えるという“1/fゆらぎ声”。宇多田ヒカル吉田美和のほかにも、MISIA松任谷由実美空ひばり徳永英明たちがその声を持つと言われているが、いずれも絶大な人気と支持を集める歌手ばかりだ。同じくその声を持つと判明したのが歌手・Ms.OOJAだ。彼女の新曲『花』が、6月21日にスタートしたドラマ『シメシ』の主題歌に使用され、温かく心に沁みわたる声で物語のラストを飾っている。

MBS/TBS系全国ネットで6月21日よりオンエア開始した4話連続ドラマ『シメシ』。“シメシ”とは、始まりの飯=始飯(しめし)のこと。「亡き人の手料理」や「今は存在しない老舗レストランの料理」など、今は食べられない料理を忠実に再現するレストラン「ボンビーブル(仏語:素晴らしき人生!)」が舞台だ。そこを訪れるのは、人生の岐路に立たされた一日一組限定の依頼者。この料理を食べて、依頼者はどう人生に向き合っていくのか。

第一話では、子どもの頃、貧しい両親が誕生日にレストランで奮発して食べさせてくれた煮込みハンバーグが注文される。シェフ・寺屋敷錬一(村上淳

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.