くらし情報『TOKIOの名曲『リリック』長瀬が明かした思いが泣ける。「当たり前が美しく見えた」』

2015年7月6日 16:45

TOKIOの名曲『リリック』長瀬が明かした思いが泣ける。「当たり前が美しく見えた」

TOKIOが生出演した音楽特番『THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。』で、人気曲『リリック』について作者の長瀬智也が語る場面があった。バラエティ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』で全国各地を訪れるTOKIOが、出会ってきた人々から感じた思いをどう伝えようかと悩むうちに言葉が音楽になったという。

TOKIOが2013年2月20日にリリースした46枚目シングル『リリック』は、長瀬智也が主演ドラマ『泣くな、はらちゃん』の主題歌として書き下ろした作品だ。彼がドラマで演じる主人公・はらちゃんの、ヒロイン・越前さん(麻生久美子)への募る思いを表したかのような歌詞が聴く者の胸を打つ名曲である。2014年7月発売のTOKIOベスト盤『HEART』ではファン投票で1位となった。

先日、7月4日に放送された日本テレビ系『THE MUSIC DAY 音楽は太陽だ。』では、19時頃に“ジャニーズスーパーメドレー”でKinKi Kidsらジャニーズ仲間たちとコラボしたTOKIO。メドレーのラストは彼らのメジャーデビュー曲『LOVE YOU ONLY』を全員で歌いファンを歓喜させた。

21時前には、そのTOKIOがバンドスタイルでステージに登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.