くらし情報『柳沢慎吾「ボキ、やばいよ」“日本の警察官役”でハリウッド進出に意欲。渡辺直美はセリーナ・ウィリアムズ本人役を熱演。』

柳沢慎吾「ボキ、やばいよ」“日本の警察官役”でハリウッド進出に意欲。渡辺直美はセリーナ・ウィリアムズ本人役を熱演。

2015年7月9日 21:55
 

関連リンク

・元エビ中・廣田あいか、「双方合意の上」で事務所退社 - YouTube開設
・「嫌いなジャニーズ2018」16〜30位に目立つのは、名前に「一」が入っている人たち
・朝ドラで注目の美少女・古畑星夏、ウエスト見せで美スタイル披露
「私はゆとり世代」渡辺直美と「1962年はセコセコ世代?」柳沢慎吾映画『ピクセル』公開アフレコにて

「私はゆとり世代渡辺直美と「1962年はセコセコ世代?」柳沢慎吾映画『ピクセル』公開アフレコにて

9日、都内にて行われた映画『ピクセル』公開アフレコに実写ハリウッド映画初の吹替えとなるタレントの柳沢慎吾渡辺直美が登場した。クリス・コロンバス監督と主演アダム・サンドラーからのビデオレターと渡辺のよいしょに気を良くした柳沢は、ハリウッド進出にも意欲を見せた。話し出したら止まらない柳沢の口を閉じたのは、押した時間であった。

しゃべりながらスタジオ入りした柳沢慎吾は予定された立ち位置よりもはるか前のカメラマン席の前に立ち止まり、自身の今朝からの行動を熱く長く語り始めた。その後、司会者により指定位置に移動するも弾丸トークは止まらない。

アニメや動物の声のアフレコ経験はある柳沢慎吾だが、ハリウッドの実写は初めて。すでにアフレコも半分は終わっているという柳沢だが「1日に7時間立ちっぱなし、今朝は8時半から休み時間もスタッフと話し続け、扁桃腺が腫れた」と明かした。

一方の渡辺直美はテニスプレイヤーのセリーナ・ウィリアムズ本人役で出演するにあたり、テニスウエアに身を包み会場を盛り上げた。ちなみに、本物のセリーナは現地時間7月9日、全仏オープンでマリア・シャラポワと戦う予定だ。

渡辺が「これをきっかけにハリウッド進出もありますよ。監督と主演から直接ビデオレターのメッセージもきてますから」話をふると、「ボキ(僕)?どうしよう。(ハリウッドに)行ったらやばいよ」「久々にハリウッドから柳沢慎吾が帰ってきましたと言って」囲み取材でも話し出したら止まらない柳沢であった。

「主演・柳沢慎吾としてハリウッド映画に出るとしたらどんな役をやりたいか?」との質問には「日本の警察官の役で出てみたい」と笑顔で語り、本作に出演している想定で警視庁ネタを披露し会場を爆笑の渦で包んだ。「完璧だね、ごめんなさい。また、名人芸見せちゃったかも?」と満足気に語るも、スタジオを後にする際「甲子園(ネタ)なかったな」と悔やむことも忘れなかった。

映画『ピクセル』は、9月12日(土)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー。
(TechinsightJapan編集部うめ智子)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.