くらし情報『草笛光子、81歳で筋トレを毎日欠かさず「1に筋肉、2に筋肉」』

2015年7月20日 15:20

草笛光子、81歳で筋トレを毎日欠かさず「1に筋肉、2に筋肉」

トーク番組『サワコの朝』のスタジオに、颯爽と現れた女優・草笛光子の足元は高いハイヒールであった。ハイヒールを履くときは常に筋トレのつもりで、と言われるほど、お尻の筋肉と太ももの内側に相当な負担がかかる。このハイヒールを履いて美しく歩くだけでなく、今でも舞台で華麗に踊るというのが芸歴65年、現在81歳の草笛光子である。ミュージカル女優として舞台に立ち続けるためには、毎日の筋力トレーニングが絶対に欠かせないそうだ。

現在放送中のNHK連続テレビ小説『まれ』で、ヒロイン希の祖母・ロベール幸枝を演じている草笛光子。昨年は80歳にして、2人だけの舞台『6週間のダンスレッスン』で6種類のダンスを披露。華麗なダンスの動きは年齢を全く感じさせず、その見事な肉体が観客を唸らせたのだ。

7月18日放送の『サワコの朝』(TBSテレビ系)に出演した草笛によると、現在は定期的にトレーナーを招き、自宅の稽古場で筋トレに汗を流しているという。トレーナーが来ない日は、決められたメニューを自分で行う。高齢になって筋トレを怠ると、思わぬ体の不調に見舞われる。そんな経験が彼女にはあるのだ。

それは2013年放送のNHK大河ドラマ『八重の桜』でナレーションを担当していた頃のこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.