くらし情報『HKT48・矢吹奈子が実写版『タッチ』に出演していた。カミングアウトにスタジオ騒然。』

2015年7月20日 16:45

HKT48・矢吹奈子が実写版『タッチ』に出演していた。カミングアウトにスタジオ騒然。

『ごぼ天』でのHKT48。後列左が矢吹奈子(画像は『パラシュート部隊斉藤優 ツイッター』のスクリーンショット)

『ごぼ天』でのHKT48。後列左が矢吹奈子(画像は『パラシュート部隊斉藤優 ツイッター』のスクリーンショット)

HKT48矢吹奈子が、あだち充さんの人気漫画『タッチ』の実写版映画に子役として出演していたことが分かった。バラエティ番組で彼女が何気なくそれを口にしたところ『タッチ』世代のMCに衝撃が走り、HKT48のメンバーもびっくり。一時スタジオが騒然となったほどだ。

あだち充さんによる『タッチ』は1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』に連載され、テレビアニメや劇場用アニメにもなった人気作品だ。その実写版映画に、HKT48に入る前の矢吹奈子が出演していたとは誰が想像しただろうか。

7月19日放送の『HKT48のごぼてん!』(テレビ西日本)では、ある男子高校生のリアルな恋愛体験をVTRで紹介することとなり、MCのパラシュート部隊斉藤優が「我々は恋愛って言ったら“あだち充”で学ばせて頂きましたけどね~、『タッチ』とか『H2』とか…」と懐かしそうに語った。

彼の言葉に、HKT48メンバーの兒玉遥松岡菜摘などはピンとこないようで「全然わかんない」と反応が薄いなか、14歳の矢吹奈子が「『タッチ』出てましたよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.