くらし情報『ももちが“カントリー・ガールズ”での下克上に悩み。後輩の「キャラかぶり」にイラつく。』

ももちが“カントリー・ガールズ”での下克上に悩み。後輩の「キャラかぶり」にイラつく。

2015年8月5日 19:50
 

カントリー・ガールズの5人(画像は『カントリー・ガールズ ツイッター』のスクリーンショット)

カントリー・ガールズの5人(画像は『カントリー・ガールズ ツイッター』のスクリーンショット)

嗣永桃子がプレイングマネージャーを務めるカントリー・ガールズが音楽番組『MUSIC JAPAN』に出演し、アイドルに詳しいクリス松村らに悩みを相談した。ももちはメンバーの小関舞に対して「グループに同じキャラは2人いらない」と不満を明かす。ところが小関も負けてはおらず、グイグイと攻め込む姿はグループ内の下克上を見るようだ。

カントリー・ガールズの“ももち”こと嗣永桃子をはじめ、山木梨沙稲場愛香森戸知沙希小関舞が8月2日の深夜に放送されたNHK『MUSIC JAPAN』に出演。8月5日発売の2ndシングルより『わかっているのにごめんね』を披露した。同曲ではももちが和服姿のお婆ちゃんに扮しているが、「語り部」をイメージしたものだという。

アイドルが大好きなクリス松村大森靖子による“アイドル道場”では、ももちがグループ内で「私だけおばさん扱いされる」と悩みを打ち明けた。なかでも小関舞は自ら「カワイイ」と主張するので、ももちとキャラが被っており「イラつく」という。さらに、「ジェネレーションギャップ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.