くらし情報『視野がぼやけて激しい頭痛。31歳女性の脳からサナダムシの卵が続々と(米)』

2015年9月7日 10:25

視野がぼやけて激しい頭痛。31歳女性の脳からサナダムシの卵が続々と(米)

と述べている。また手術には右半分の頭髪を丸く刈って臨んだロストロさんだが、幼い子供もいるだけに命には代えられない。手術は無事成功したものの完全に回復するには9か月を要し、また「写真はどうか見せないでください」と拒んでいるという。

両生類や爬虫類を食する文化のある人々はともかく、現代人がサナダムシに感染することはまず激減した。たいていの場合はヒトの体の外に排泄されるが、それがうまくいかないと胃腸症状および皮膚にイボ状の小結節が次々と現れる。そこで気づかないと幼虫は嚢を破りながら、あるいは血流に乗って体内を移動し、棲みついた場所によっては失明や脳障害に至ることもあるという。
(TechinsightJapan編集部Joy横手)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.