くらし情報『新妻聖子、驚異の歌唱力魅せた! 新“カラオケ女王”に。』

2015年9月27日 18:25

新妻聖子、驚異の歌唱力魅せた! 新“カラオケ女王”に。

新妻聖子の歌声に視聴者感動(画像は『SEIKO NIIZUMA OFFICIAL BLOG』のスクリーンショット)

新妻聖子の歌声に視聴者感動(画像は『SEIKO NIIZUMA OFFICIAL BLOG』のスクリーンショット)

ミュージカル女優の新妻聖子が、関ジャニ∞の番組『音楽王No.1決定戦』のカラオケ部門で並み居る強豪を抑えて優勝した。彼女のツイッターには従来のファンのみならず、番組で初めて見たという人々から「感動して泣いた」という感想が続々と寄せられている。そのパフォーマンスはミュージカル女優ならではの表現力に溢れており、“カラオケ女王”の新境地を開いたと言えるものだった。

9月25日に放送された『関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦』(テレビ朝日系)の“最強カラオケ王No.1決定戦”はミュージカル曲対決から始まった。

アメリカ国籍の歌うま外国人シンガー、ダイアナ・ガーネットが課題曲『I Dreamed A Dream/スーザン・ボイル』を朗々と歌い上げると、その歌唱力に誰もが勝利を確信したのではないだろうか。ところが、対する新妻聖子の歌は良い意味で聴くものを裏切った。コンピューターで採点するシステムだが、その表現力が評価されて新妻が99点台の大接戦を制する。

今回は、ダイアナ・ガーネットだけでなく世界的オペラ歌手のジョン・健・ヌッツォ、“台湾のスーザン・ボイル”と呼ばれるリン・ユーチュン、ドリカムなどのバックコーラスで活躍する中沢ノブヨシなど強豪を揃えており、一方で高校生の芹奈(Little Glee Monster)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.