くらし情報『小橋建太と妻の“がん闘病”秘話「プロレスに対して失礼のないように全うしたい」』

2015年11月17日 15:45

小橋建太と妻の“がん闘病”秘話「プロレスに対して失礼のないように全うしたい」

北村弁護士と小橋建太(画像は『小橋建太 ツイッター』のスクリーンショット)

北村弁護士と小橋建太(画像は『小橋建太 ツイッター』のスクリーンショット)

小橋建太が現役プロレスラー時代に腎臓がんと宣告され、当時交際中だった妻に伝えた際のエピソードをバラエティ番組で明かした。「俺のプロレス人生はまだ終わっていない」と闘病しながら復帰を目指す小橋、それを支える彼女の姿に共演者も涙する。

今年の8月12日、小橋建太と妻・真由子さんに第1子女児が誕生した。2人が19年前から頭に描いたことがようやく現実となったのだ。11月15日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した小橋建太が、真由子さん(歌手の細江真由子、現在はみずき舞)に一目惚れして猛アタックの末に交際が始まった19年前を再現ドラマで振り返った。

結婚するつもりで付き合っていた2人は、デート中に彼女が見つけた子供服を「これ、将来のために買っちゃおうかな」とはしゃいだりする微笑ましい関係だった。しかし、小橋がプロレスに打ち込む日々を送って結婚できずに10年が過ぎた。2006年、精密検査を受けた彼は医師から腎臓に腫瘍がありがんを宣告される。帰宅してそのことを真由子さんに伝えると、彼女は小橋の前に立って「私と結婚してください」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.