くらし情報『スピッツ愛を熱弁 『スッキリ!!』コメンテーター「典型的なコード進行がない」』

2016年4月15日 15:00

スピッツ愛を熱弁 『スッキリ!!』コメンテーター「典型的なコード進行がない」

ロックバンド・スピッツが、2年11か月ぶりにリリースするシングル『みなと』のミュージックビデオが4月13日に公開された。情報番組『スッキリ!!』でもこの話題を取り上げると、レギュラーコメンテーター・経営評論家の坂口孝則氏が珍しく興奮している。どうやら相当なスピッツファンらしい。

14日放送の『スッキリ!!』ではシングル『みなと』のミュージックビデオ紹介と、街の185人に聞いた「スピッツ思い出の名曲」ベスト5が発表された。順位は以下の通りである。

5位魔法のコトバ(2006年)
4位楓(1998年)
3位ロビンソン(1995年)
2位空も飛べるはず(1994年)
1位チェリー(1996年)

この結果に司会の加藤浩次は「『ロビンソン』は田中(ココリコ)の十八番」と明かし、また近藤春菜ハリセンボン)は「他にも『涙がキラリ☆』や『渚』など良い曲はいっぱいある」と話していた。

木曜コメンテーターの坂口孝則氏は、前日のツイッターでスピッツの名曲アンケートに触れ「ぼくは『Y』か『初恋に捧ぐ』のカバーだと思うんですが、せいぜい『夢追い虫』が大衆向けの回答かと思うんです」と述べている。このチョイスを見ただけでも、坂口氏の“スピッツ通”ぶりが伝わってくるようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.