くらし情報『ブリトニー・スピアーズ、ハワイの海で「溺死寸前」の恐怖体験語る』

2016年8月24日 22:00

ブリトニー・スピアーズ、ハワイの海で「溺死寸前」の恐怖体験語る

ブリトニー・スピアーズ「危うく溺死しかけた」


ハワイの海をこよなく愛し、度々家族と出かけては海水浴を楽しんでいる人気米歌姫ブリトニー・スピアーズ(34)。彼女がこのほどメディアのインタビューに応じ、海水浴を楽しんでいた際に波にのまれ「ここで命を落とすのではないか」と心底怯えたというエピソードを明かした。

ハワイの明るい陽射しと美しい海をこよなく愛するブリトニー・スピアーズが、「このまま死ぬかも」と覚悟するほど恐ろしい目にあったという。このほどメディアのインタビューに応じたブリトニーは、180センチを超える大波にのまれた日をこう振り返った。

「まるで波のプールみたいだわって思っていたの。『超素敵。気持ちが良いしビューティフル』って感じだったわ。」
「なのにドッと波が押し寄せてきて、5分くらい波から抜け出せなかった。溺死しかけたのよ。こんな気分だったわ。『セキュリティスタッフはどこなの?ここで私を死なせる気なのね』って…。」

それでもブリトニーはどうにか生還し、大怪我をする、または意識を失うということもなかったという。

ちなみに海で危ない目に遭ったことのある有名セレブは多く、2014年には女優アン・ハサウェイも夫と共にハワイを訪問し、引き波にのまれかけて溺れる寸前に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.