くらし情報『ジョンベネ殺害事件から20年 容疑者扱いされた実兄が胸中語る』

2016年9月3日 15:00

ジョンベネ殺害事件から20年 容疑者扱いされた実兄が胸中語る

1996年12月、米コロラド州の静かな住宅街で突然起きた凶悪な殺人事件。被害者は美少女コンテストに何度も出たほどの美少女ジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃん(6)で、自宅豪邸の地下で冷たくなっていた彼女を殺めた犯人については「家族ではないか」という声も多くあがった。あれから間もなく20年、容疑者と指さされた兄がTV番組に出演し、事件の日や妹の葬儀、そして今の思いなどを語った。

このほどジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃんの兄バークさん(Burke Ramsey)が『Dr. Phil』に出演し、妹が自宅で遺体となって発見された日のことをこう振り返った。

「覚えています。母が『私のベイビーはどこなの?』と何度も繰り返していました。」

その後、現地警察が捜査を開始。だが捜査は難航し「家族の誰かがジョンベネちゃんを無残にも殺害したのではないか」と疑う声が世界中であがった。それにつき、バークさんはこのように語っている。

「ええ、僕にも分かっています。人々はこの僕が犯人だと思ったのです。そして僕の両親が犯人だとも。自分達が容疑者だったことは、僕も知っています。」
「棺にいる妹の姿も覚えています。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.