くらし情報『柔道・松本薫選手 リオ五輪前は「触れたもの=投げる」 恋人の前でも戦闘モードに』

2016年10月12日 10:05

柔道・松本薫選手 リオ五輪前は「触れたもの=投げる」 恋人の前でも戦闘モードに

松本薫選手と畑野ひろ子(出典:https://www.instagram.com/hiroko_hatano_)


リオ五輪・女子柔道57キロ級銅メダリストの松本薫選手が、情報バラエティ『ヒルナンデス!』のコーデバトル企画に登場。普段はジャージで、私服でもスカートははかないという松本選手が、恥じらいながらフェミニンなワンピースに挑戦した。

ここ2年ほど洋服などの買い物は一切していないという松本薫選手。柔道のことしか考えられず、オシャレとは無縁の生活である。ジャージ以外の洋服はカジュアルなパンツが多く、色は上下とも無難な黒ばかりを選んでいるという。今回、松本選手のスタイリストは元JJ専属モデルの畑野ひろ子。彼女は松本に白のニットワンピースを選び、女性らしさを前面に押し出した装いを勧めた。

「ワンピースとか恥ずかしい」
「“野獣”から、ちょっと脱線する感じ」
「“今風のアイテム”って何?」

松本選手と畑野のやり取りを聞いていると、本来の松本選手は屈託のない可愛らしい女性であることが分かる。交際7~8年になるという彼氏の前では、きっと恋する乙女なのだろう―と思いきや、やはりそこは“野獣”と呼ばれる松本選手。リオ五輪が3か月後に迫ると戦闘モードに入り、「女性スイッチ」はOFF状態に。彼氏が何気なく自分の肩の手を置くだけでも「やめてよ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.