くらし情報『“メタルの帝王”オジー・オズボーン 「俺の葬式ではビートルズの曲をかけてくれ」』

2016年10月29日 14:30

“メタルの帝王”オジー・オズボーン 「俺の葬式ではビートルズの曲をかけてくれ」

オジー・オズボーン「ハッピーな曲も避けてくれ」(出典:https://www.instagram.com/ozzyosbourne)


英国発のヘヴィメタミュージシャンで、日本のメタルファンにも人気の高いオジー・オズボーン(67)。そのオジーがこのほど自身の死後について、葬儀では「ぜひビートルズの曲をかけてほしい」と語った。激しいサウンドやビートを好むオジーだが、実はメロディックなサウンドを誇ったビートルズに多大なる影響を受けたという。

このほどオジー・オズボーンが『NME』誌の取材に応じ、自身の亡き後に執り行われる葬儀につき、こんな希望を語った。

「まあ、そういうことをじっくり考えるのにあと数年はマジで必要だな。」
「でも多分、(ビートルズのアルバム)『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』、もしくは『リボルバー』の収録曲を希望するだろう。」

しかし自身のヒット曲は嫌だというオジーは、こうも話している。

「俺の忌々しいベストアルバムはごめんだな。そんなものは自分でも聴かない。めちゃくちゃ恥ずかしいと思っているし。あ、あと超ハッピーな曲も絶対に嫌だな、なんせ俺の葬式なんだから。」

オジーは荒んだ子供時代を送り、「どうすればこんな暮らしから抜け出せるのか」と日々思い悩んでいたそうだ。そんな時にラジオでビートルズの楽曲『シー・ラヴズ・ユー』を聴き、人生が変わるほど感動したという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.