くらし情報『『世界に一つだけの花』はSMAPからの“借り物” 槇原敬之が歌う時の心境明かす』

2016年11月25日 13:00

『世界に一つだけの花』はSMAPからの“借り物” 槇原敬之が歌う時の心境明かす

かつてSMAPのコンサートで、さんまと初対面した槇原敬之(出典:https://www.instagram.com/buppulabel)


SMAPが今年の12月31日をもって解散すると発表したことから、存続を願うファンの動きもあって『世界に一つだけの花』のCDは20003年3月発売から13年を経て再び売り上げを伸ばしている。11月22日時点で累積売上枚数294.2万枚となり、オリコン歴代シングルランキングで3位に入った。ただ、SMAPは解散発表以来オリジナル曲を歌っておらず、『世界に…』をパフォーマンスする姿を心待ちにする人は多い。

11月24日に放送されたNHK音楽特番『第1回明石家紅白!』で、司会の明石家さんまが『世界に一つだけの花』の作者である槇原敬之に「これ、歌っていただけるのかなと(思ってるんだけど)?」と確認したところ、彼は「あ、全然(OKです)」と受け入れた。「槇原さんの曲になってしまう、槇原さんの曲やけど」というさんまの言葉に複雑な胸のうちを感じたのだろう、槇原は「そんなことないですよ。もう、これは、あくまでSMAPがいてこそできた曲なんで」「だから、僕が自分で歌っていてもちょっとなんか借り物というか、SMAPの歌を僕が歌っている感じ」だと明かす。

槇原敬之がキーボードを弾きながら『世界に一つだけの花』を歌うと、さんまをはじめゲストの八代亜紀いきものがかりLittle Glee Monsterに観覧客も体を委ねてスタジオが1つになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.