くらし情報『大黒摩季“歌姫”4人と熱唱 リオ五輪メダリストも感慨「生は違うな」』

2016年12月8日 20:30

大黒摩季“歌姫”4人と熱唱 リオ五輪メダリストも感慨「生は違うな」

新妻聖子、水樹奈々、大黒摩季、華原朋美、Chay(出典:https://twitter.com/m_ohguro)


大黒摩季が『2016 FNS歌謡祭』第1夜に登場、彼女のファンでもある女性アーティストたちとコラボした。会場の最前列ではリオ五輪メダリストの4人が観覧しておりレアなライブを満喫できたようだ。

12月7日、フジテレビ系で生放送された『2016 FNS歌謡祭』第1夜に今年6年ぶりに復帰した大黒摩季が出演した。『【公式】FNS歌謡祭(fns_kayousai)ツイッター』の事前インタビューで「私の歌を聴いて育ちましたというガールズたちとキラキラっとやります」と話すステージは、それぞれに個性のある実力派歌手が相手を務めた。

『熱くなれ』(1966年)は華原朋美新妻聖子、『あなただけ見つめてる』(1993年)を水樹奈々にChayとコラボ、そしてラストは『ら・ら・ら』(1995年)を5人並んで歌い上げた。メドレー3曲全て馴染みがあるだけに会場も手拍子や体でリズムをとって盛り上がり、『ら・ら・ら』では大黒が前列に向けて「さぁ、お嬢さんたちもご一緒に!」と呼びかけたことでヒートアップする。AKB48HKT48ばかりかゆずの岩沢厚治も歌を口ずさんでおり、歌に合わせて手を振れば会場が一体となった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.