くらし情報『“二代目SMAP”巡り小倉智昭と水道橋博士が白熱 「そうやってこだわる人が多いから…」』

2017年1月5日 21:00

“二代目SMAP”巡り小倉智昭と水道橋博士が白熱 「そうやってこだわる人が多いから…」

「SMAPの名前を残しておくべき」と水道橋博士


SMAPが2016年12月31日をもって解散したことについてお昼のバラエティ番組『バイキング』が取り上げた。街頭インタビューでは「もっとキレイに終わって欲しかった」「後味が悪い」などの声もあったが、ゲストの小倉智昭は「何も言わないから、後味はむしろいいんじゃないかな」とメンバー同士や元マネージャーとの関係に言及して周囲を慌てさせた。嵐とも仲の良い小倉智昭ジャニーズ内部の情報に詳しいようだ。そんななか水道橋博士SMAPという名前は残すべきだと持論を語り始めた。

1月5日、新年第1回目の放送となった『バイキング』(フジテレビ系)では“年末年始芸能ニュースの舞台裏”を特集した。なかでもやはり大きな話題となったのが「SMAP解散」である。ファンが立ち上げたクラウドファンディングの企画『SAMP大応援プロジェクト』により1万3千人を超える支援者から約4千万円が集まり、12月30日の朝日新聞朝刊に8ページにわたって「いつもたくさんの愛と勇気をくれたSMAPへ」「これからも私たちはそばにいます」などの全面広告が出された件などを紹介した。

水道橋博士は「ヴァン・ヘイレンやピンク・フロイドがそうだったように」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.