くらし情報『指原莉乃が“親心” HKT48田島芽瑠の誕生日祝い「泣きそうになった」』

2017年1月8日 18:01

指原莉乃が“親心” HKT48田島芽瑠の誕生日祝い「泣きそうになった」

田島芽瑠と指原莉乃:2015年6月のイベントにて


指原莉乃HKT48チームH・田島芽瑠の誕生日をお笑い芸人長谷川忍シソンヌ)と祝福した。田島がお祝いのスイーツを前に満面の笑みを見せながら久々によく食べるところをみた指原。ダイエットを頑張っていることに思い至り「泣きそうになった」という。

田島芽瑠と言えば、『モーニング娘。10期メンバーオーディション』で合宿審査まで残り惜しくも不合格となったことで知られる。その後、2012年6月23日に『HKT48第2期生オーディション』の最終審査に合格すると、秋元康が「第2の松井珠理奈。将来のセンター候補」と評して話題となった。

その言葉通り、HKT48初のシングル『スキ!スキ!スキップ!』(2013年3月20日)でセンターに抜擢され2ndシングル『メロンジュース』(2013年9月4日)と3rdシングル『桜、みんなで食べた』(2014年3月12日)で朝長美桜とダブルセンターを務める。

HKT48に入った時はまだ12歳だったが、早いもので今年の1月7日に17回目の誕生日を迎えた。その日、『田島芽瑠Google+』で「HKT48として迎える四度目の誕生日」「皆さんのお祝いコメント、幸せです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.