くらし情報『『3月のライオン』羽海野チカ スピッツ草野の声を聴いて「最初の世界が生まれた」』

2017年1月13日 16:03

『3月のライオン』羽海野チカ スピッツ草野の声を聴いて「最初の世界が生まれた」

と。実写映画化された『ハチミツとクローバー』の作者でもある羽海野チカはスピッツとスガシカオのファンだと公言しており、作品タイトルはスピッツの同名アルバム『ハチミツ』とスガシカオの同名アルバム『Clover(クローバー)』を見て思いついたという。『3月のライオン』についてスピッツのボーカル・草野マサムネの声で「最初の世界が生まれました」ということや、映画の後編主題歌に『春の歌』のカバーが起用されたことも繋がっているのだ。

ところで、主演の神木隆之介は2016年5月19日の誕生日に「23歳になりました」とツイートして将棋盤の画像を公開、早くも本作への意気込みを示していた。予告動画からもその気迫が伝わってくる。

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.