くらし情報『宮澤佐江、『ピーターパン』で“タイガー・リリー”役に決定 AKB時代からの夢が叶う』

2017年2月25日 17:00

宮澤佐江、『ピーターパン』で“タイガー・リリー”役に決定 AKB時代からの夢が叶う

『ピーターパン』出演が決まった宮澤佐江(出典:https://www.instagram.com/sae_3830)


ホリプロによるブロードウェイミュージカル『ピーターパン』の追加キャストが発表され、宮澤佐江の名前も見られた。彼女はツイッターで「私の役はピーターパン!…ではなく笑、#タイガーリリー です」と喜びとともにつぶやいている。以前から同ミュージカルを観劇してその世界観に憧れていただけに、自らその舞台に立てるとは夢のようであろう。

1904年にロンドンで初めて上演され、1954年にアメリカでブロードウェイミュージカルとなった『ピーターパン』。日本では1981年に榊原郁恵主演により初めて上演された。以来毎年続くホリプロのブロードウェイミュージカル『ピーターパン』がこの夏、7月24日から8月3日に東京・東京国際フォーラム ホールCにて上演される。2月に発表されていた10代目ピーターパン吉柳咲良(きりゅう さくら)に加え、このたび追加キャストが発表された。

『ホリプロオンラインチケット』によると、ピーターパンを吉柳咲良、ウェンディを神田沙也加、タイガー・リリーを宮澤佐江、ダーリング夫人を入絵加奈子、ライザを久保田磨希、スミーを石井正則、フック船長/ダーリング氏を鶴見辰吾が演じる。他に滝川華子鈴木亜里紗が迷子役で出演する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.