くらし情報『バナナマン設楽「カレーライスは豚肉が基本」否定され衝撃 3枚切りの食パンは「バカみたい」』

2017年3月5日 15:52

バナナマン設楽「カレーライスは豚肉が基本」否定され衝撃 3枚切りの食パンは「バカみたい」

「牛肉の入ったカレーしか食べない」共演者の意見に衝撃受けた設楽統


食文化の違いがよく話題になる関東と関西。お菓子やインスタント食品でも、小さい頃から親しんできたメーカーや味が全く違う。家庭料理のカレーライスに入れる肉の種類や食パンの厚さの好みにも違いがあり、夫婦喧嘩に発展したケースもあるという。

3月3日の『ノンストップ!』“ノンストップ!サミット”のテーマは、好評だった“出身地バトル”の第2弾。メンバーは関東出身の設楽統バナナマン)と金子貴俊、関西出身のリンゴ(ハイヒール)と安田美沙子、九州出身のカンニング竹山、そして自身は千葉県出身だが両親が関西生まれの千秋である。

関西は5枚と6枚、 関東は6枚と8枚切りが人気だという食パン。特に関西では8枚切りの人気が極端に低く、リンゴは東京で初めて8枚切りの食パンを見て「何に使うんだろう?」と不思議だったという。彼女は自宅での朝食は4枚切りだといい、厚さが薄いとせっかくのパンの美味しさが味わえない―と話す。番組では大阪の3枚切りの食パンも紹介されたが、設楽は「ちょっとバカみたいじゃない?」と冗談めかしていた。

続いて家庭で食べるカレーライスについては東日本の豚肉派、西日本の牛肉派とはっきり分かれていた(九州と四国の一部は豚肉派)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.