くらし情報『ケヴィン・ベーコン、母のがん宣告がきっかけでパニック発作 今は音楽活動が癒しに』

2017年4月2日 19:00

ケヴィン・ベーコン、母のがん宣告がきっかけでパニック発作 今は音楽活動が癒しに

辛い経験を機に不安を抱えるようになったケヴィン・ベーコン


『フットルース』『トレマーズ』などで知られる米俳優ケヴィン・ベーコン(58)は、俳優業のかたわら兄と共に「The Bacon Brothers」としてバンド活動も展開している。そんなケヴィンにとって、音楽業はある意味「癒しになっている」そうだ。最愛の母にがんが発覚したことを機に「パニック発作を起こすようになった」というケヴィンだが、曲をかいて演奏することで気持ちのうえで救われているという。

愛する母に「がん」との診断が下った後、人生で初めてパニック発作を経験したという俳優ケヴィン・ベーコン。その彼が『Mirror Online』の取材に応じ、兄との音楽活動についてこう語った。

「そう、俺ときたら泣き崩れ、歩道に倒れ込んでしまった。」
「新曲『Shaking』をかいたんだ。最初は南カリフォルニアの地震についての曲だった。でもこの曲の内容は、いわゆる不安に関すること。つまり隠喩だね。」
「曲をかくことは、すごく癒しになる。セラピストが休暇で不在の時は、ギターを持って(心の中で)何が起きているのかを言葉にしてみるのさ。」

ちなみに歌手ゼイン・マリクも不安障害に苦しみ、一時はショーをドタキャンするほどまで悪化。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.