くらし情報『May J.“レリゴー”の壁超えるか? 八代亜紀とのデュエット曲が泣ける』

2017年5月24日 15:08

May J.“レリゴー”の壁超えるか? 八代亜紀とのデュエット曲が泣ける

真野恵里菜とMay J.(出典:https://www.instagram.com/erinamano_official)


May J.のニューシングル『母と娘の10,000日~未来の扉~』は八代亜紀とのデュエットによるウェディングソングだ。アンジェラ・アキが作詞、作曲、編曲とサウンドプロデュースを手掛け、May J.と八代亜紀の歌声が娘と母親の心情を感じさせる作品が出来上がった。さらにミュージックビデオでは成長した娘役を真野恵里菜が務めており、母親とのしみじみとした回想が涙を誘う。

5月23日、May J.が10枚目のニューシングル店着日に『May J. 公式ブログ』で「デビュー11年目でシングル10枚」とアルバム全17枚に比べて少ないことに触れている。いろいろな楽曲を聴いてもらえるアルバムを作りたい気持ちが強いこともあるが「もちろん全部私にとって特別な曲だけど、シングルを出す時はその曲が私の音楽のターニングポイントになった時」という。

彼女のデビュー10周年でもある昨年の8月3日に出した9枚目シングル『Have Dreams!』は作曲:小室哲哉、作詞:つんく♂による「最高なプレゼントであり、新たな自分や目標を見つけた大切な曲」となった。

これまで発表したシングル9枚でオリコンチャート最高位は6枚目の『本当の恋』(2014年9月)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.