くらし情報『ノエル・ギャラガー、英チャリティ公演不参加も犠牲者への寄付を手配していた』

2017年6月9日 17:03

ノエル・ギャラガー、英チャリティ公演不参加も犠牲者への寄付を手配していた

リアムにキレられた兄ノエル(右)、実は善人だった(画像は『Oasis 2014年1月22日付Instagram』のスクリーンショット)


5月に英マンチェスターで発生した自爆テロ事件で、22名もの尊い命が一瞬で奪われた。そして100名超の負傷者が出たことを受け「遺族と被害者を救済したい」とアリアナ・グランデが現地でチャリティ公演を開催。ケイティ・ペリージャスティン・ビーバーらトップミュージシャン達が現地に集結したが、マンチェスター出身の元「オアシス」ノエル・ギャラガーが姿を見せることはなかった。これに弟リアム・ギャラガーが激怒し「嘆かわしい大マヌケめ」とツイートしたのだが、ノエルは公演を前に多額の寄付を手配済みだったことが分かった。

「マンチェスターの皆さん。昨晩、兄が欠席したことをお詫びしたいと思います。本当にガッカリだ。」
「嘆かわしい大マヌケめ。」
「人々に助けの手を差し伸べることが大事なんだ。あいつは、またしても本性を見せやがった。」

チャリティ公演終了後に兄ノエル・ギャラガーにつきこのようにツイートしたリアム・ギャラガーだが、当日は海外で用事があり帰国できなかったと伝えられている。しかも事前に「ぜひ」と招待されていたわけでもなかったらしく、『Radio X』のDJを務める友人(Gordon Smart)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.