くらし情報『シンディ・クロフォード「50歳になるのは辛かった」』

2017年6月9日 18:41

シンディ・クロフォード「50歳になるのは辛かった」

50代突入はショックだった!(画像は『Cindy Crawford 2017年2月17日付Instagram「When getting ready is almost as fun as the party!」』のスクリーンショット)


かつてはナオミ・キャンベルらと超高額ギャラを稼ぐスーパーモデルとして人気を博し、数々の有名コレクションに参加するなど一世を風靡したシンディ・クロフォード。彼女は51歳になるが、今もプロポーションは抜群でルックスもご覧の通り。また若き日の自分そっくりに成長した娘カイア(15)がモデルデビューを果たしスターの階段を上り始めるなか、シンディは“50代”の自分が重くてたまらない時期があったという。

モデル業界のトップに君臨し第一線での活躍を続けたシンディ・クロフォードだが、気付くといつの間にか旬の時期は過ぎ、一回りも二回りも年下の後輩モデル達がトップモデルと呼ばれるように。そして我が子までがモデルとして人気を博すなか、シンディは自身の年齢を痛感し落ち込んだという。当時のことを『Dujour』誌にこう語っている。

「私にとっては、本当に辛いことだったの。50歳になるなんて、ゾッとしたわ。」
「だって、私は長い間『VOGUE』の表紙を飾るハタチのモデルだったから。そして25歳、そして30歳になり…突然自分の娘が同じ仕事をするようになっていたのよ。」

年を経るごとにどんどん美しく成長する娘と、少しずつ老いていく自分。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.