くらし情報『ケイティ・ペリーがセラピーで号泣 「アルコールや自殺願望に溺れかけた」』

2017年6月11日 21:00

ケイティ・ペリーがセラピーで号泣 「アルコールや自殺願望に溺れかけた」

ケイティ・ペリー、深い苦悩を語り思わず涙


とても陽気で悩み事とは無縁に見える歌手ケイティ・ペリー(32)が、このほどセラピーセッションの様子を公開。本来の自分とはかけ離れた“ポップスターたる自分”に戸惑ったこと、そして酒や自死願望に苦しんだことまで赤裸々に告白した。

ニューアルバム『Witness』プロモーションの一環として、自身のYouTubeチャンネルで素の様子を配信しているケイティ・ペリー。その中で有名セラピスト(Dr. Siri Sat Nam Singh)のセッションを受けたケイティは、長く豊かだった髪をバッサリ切った理由をこう明かした。

「“ケイティ・ペリー”風の見た目は嫌になったの。」
「本当の私は、みんなが思うよりオタクっぽいの。マヌケって感じよ。キャサリン(本名)のファンタジーが、ケイトになった。そして実際よりも偉大な人物ができあがったの。」

またケイティは過去にアルコールに溺れそうになっていたこと、また自殺を考え苦悩していたことを涙ながらに告白し、それを歌にしたとしてこのように語っている。

「そう、曲にしたの。あのような考えがあったなんて、恥ずかしいわ。あんなに落ち込み鬱状態になってしまうだなんて…。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.