くらし情報『SMAPや小沢健二のナンバーを熱唱 サカナクション山口一郎がカラオケで高得点に挑む』

2017年6月16日 16:48

SMAPや小沢健二のナンバーを熱唱 サカナクション山口一郎がカラオケで高得点に挑む

カラオケを歌う山口一郎(画像は『Ichiro Yamaguchi 2017年6月15日付Instagram「今夜のサカナlocks!はカラオケの授業。」』のスクリーンショット)


サカナクションでボーカルを担当する山口一郎が、6月15日放送に放送されたラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』(TOKYO FM)の“サカナ LOCKS!”でカラオケの授業を行った。カラオケで採点機能による高得点を出すべくコツを予習、「“音程”はキーを調整して歌いやすくせよ」「“表現力”ではビブラートや抑揚が大切、こぶしをきかせろ」「“安定性”はロングトーンで後半失速しないように、音量を出し続けること」など解説したうえで自ら歌ってみる。

まずは『Moment』(2012年8月)や『Magic Time』(2010年7月:We are SMAP!収録)など自身が作詞・作曲を手掛けたSMAPのナンバーを選ぶ。「楽曲提供をするときに勉強しましたよ、SMAP先生の歌をいろいろ歌ってね…」「残念だったね、SMAP先生解散して…」と話しつつ、大好きだという『夜空ノムコウ』(1998年1月作詞・スガシカオ・作曲:川村結花)をセットした。得点は「80.586点」で「これはちょっと難しいな。声が出てくるまでには時間がかかる、起きてから7~8時間後によく出てくる」と補足して次を選曲する。

小沢健二とスチャダラパーがコラボした『今夜はブギー・バック』(1994年3月)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.