くらし情報『エド・シーラン ケイティ・ペリーとの確執を歌にしたテイラーにつき「擁護? 必要ないね」』

2017年6月17日 19:39

エド・シーラン ケイティ・ペリーとの確執を歌にしたテイラーにつき「擁護? 必要ないね」

エド・シーラン、テイラーの“確執ネタ”ソングに言及


かねてからテイラー・スウィフトと親しい付き合いのあるエド・シーラン。彼がケイティ・ペリーとの確執を歌にしたテイラーについて「僕が彼女を擁護する必要はないと思うよ」と本音を語った。

ケイティ・ペリーにツアーを妨害された!スタッフを引き抜こうとされたのよ。」

そんな恨みを込め楽曲『Bad Blood』をかいたテイラー・スウィフトにつき、ケイティは最近になって「誤解されている」と釈明。「引き抜こうとした」とされたスタッフは自分と仕事をしていたダンサーで、「私のツアーが始まったら帰ってきて」と最初から伝えてあったという。それを説明しようとケイティは連絡を試みたが、テイラーはそれを受け付けず関係修復には至っていないとのこと。ケイティは「そろそろ互いに謝罪し仲直りすべき」と話しているが、テイラーがどう思っているかは不明だ。

そんな中、テイラーの親友エド・シーランが『PEOPLE』の取材に応じ、このように本音を明かした。

「(僕が歌で)テイラーを擁護する?そんなこと、テイラーは全然必要だと思っていないと思う。」
「確執ソングが面白いとも思わないよ。これまでだって、そういう歌は何曲もあったんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.