くらし情報『松坂桃李、映画『孤狼の血』に「“攻めた現場”で想像のつかない日々でした」』

2017年6月30日 17:59

松坂桃李、映画『孤狼の血』に「“攻めた現場”で想像のつかない日々でした」

映画『孤狼の血』で日岡秀一を演じる松坂桃李(C)2018「孤狼の血」製作委員会


俳優・松坂桃李が、2018年春公開予定・映画『孤狼の血』に出演する。広島県呉市を舞台に繰り広げられる男たちの熱い戦いを描いた同作は、4月17日よりクランクインし、5月20日にクランクアップしたが、その撮影現場からレポートが届いた。そこで松坂は「とにかく楽しかったです。これまでなかなか体験することのなかった“攻めた現場”でした」と充実感をにじませ、今回2回目となる白石和彌監督の印象を大胆に明かしている。

原作は『臨床真理』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、今もっとも注目されるミステリー作家の一人である柚月裕子氏の同名の警察小説。暴力団との癒着を噂される刑事、主人公・大上章吾役所広司が演じ、松坂桃李はその部下で所轄署に配属された日岡秀一を演じる。他に、真木よう子石橋蓮司江口洋介滝藤賢一田口トモロヲという豪華キャストが集結した。撮影は物語同様、広島県呉市で行われた。暴力団対策法成立直前の昭和63年当時を彷彿とさせる町並みの撮影場所には連日、多くのギャラリーが押し寄せた。

松坂は撮影の様子を「とにかく楽しかったです。これまでなかなか体験することのなかった“攻めた現場”でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.