くらし情報『梅田彩佳、NGT48『ラスベガスで結婚しよう』で振付けに挑戦 「キス顔」にこだわる』

2017年7月3日 19:40

梅田彩佳、NGT48『ラスベガスで結婚しよう』で振付けに挑戦 「キス顔」にこだわる

『ラスベガスで結婚しよう』の振付け(画像は『梅田彩佳 2017年7月2日付Instagram「今回NGT48の新公演。ユニット“ラスベガスで結婚しよう”振り付けをさせて頂きました!」』のスクリーンショット)


AKB48NMB48で活躍した梅田彩佳NGT48のユニット曲『ラスベガスで結婚しよう』の振付けを担当したことをSNSで明かしている。『NGT48チームNIII 3rd「誇りの丘」公演』が初日を迎えた7月2日、彼女が『梅田彩佳 ume.aya0930 Instagram』にて「今日が来るまでドキドキしました~」と振付けするに至った経緯やこだわりを説明したところ、「梅ちゃん、振付けありがとう」「梅ちゃん、こりゃ神曲になるよ!」など多くの反響があった。

北原里英(Rie_Kitahara3)ツイッター』で『NGT48チームNIII 3rd「誇りの丘」公演』について従来行われたAKB48公演の再演と違う新公演ではあるが「完全オリジナル公演ではありません!チームサプライズによる、パチスロAKB48に搭載される予定の楽曲からなる公演です」と説明している。いわゆる“おさがり”公演ではないだけに、新潟・NGT48劇場での初日はこれまで耳にしたことのないナンバーが目白押しで新鮮なパフォーマンスが繰り広げられた。

そんななか西潟茉莉奈(21)、本間日陽(17)、村雲颯香(19)によるユニットで披露したのが『ラスベガスで結婚しよう』である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.