橋本環奈&だいすけお兄さんがコラボ 『警視庁いきもの係』エンディングが楽しい

2017年7月10日 12:35
 

関連リンク

・DISH//元旦武道館ライブにM!LKら参戦 追加出演者を発表
・“戦国時代前夜”のボーイズグループ!人気俳優を続々輩出する理由は
・沖縄から逸材を発掘した新プロジェクト『EBiDAN OKiNAWA』が始動
橋本環奈と横山だいすけ(画像は『【公式】警視庁いきもの係 2017年7月6日付Instagram「お仕事お疲れ様ですっ!」』のスクリーンショット)


フジテレビ系の日9ドラマ『警視庁いきもの係』が7月9日よりスタートした。主人公の鬼警部補・須藤友三役の渡部篤郎とヒロインの新米巡査・薄圭子役を演じる橋本環奈の世代の違いが劇中のギャップとあいまって良い味を出している。また超特急が歌うテーマ曲『My Buddy』が、そんな2人の活躍を期待させるとともにキャストたちによるダンスが微笑ましい。

警視庁捜査一課だった須藤友三は体を張って事件を解決するが、頭部に銃弾を受けてしまう。時を経て名誉の負傷から復帰した彼は捜査一課でなく左遷同然に“警視庁いきもの係”と呼ばれる総務課へ配属される。そこで一般から採用された動物マニアの新米巡査・薄圭子と出会う。

捜査一課時代に須藤とコンビを組んでいた巡査部長・石松和夫三浦翔平が演じる。須藤が入院中に昇進して彼を軽んじる捜査一課所属の係長で警部・日塔始役を務めるのが長谷川朝晴(劇団ジョビジョバ)だ。また、NHK『おかあさんといっしょ』で11代目・うたのおにいさんを務めた“だいすけお兄さん”こと横山だいすけが事件現場で須藤や薄をフォローする制服警官(巡査)・四十万拓郎役で出演する。

スターダストプロモーションに所属する若手男性アーティスト集団・恵比寿学園男子部(略称、EBiDAN)の選抜ユニット・超特急による主題歌『My Buddy』がエンディングで流れる際に、キャストと着ぐるみの動物が振付を踊り出す。そこで見られる橋本環奈横山だいすけによるコラボダンスは貴重だろう。しかもEBiDANユニット・MAGiC BOYZに昨年10月まで所属した“ミロ”こと星島みろが一緒にキレキレのダンスを披露してアクセントとなっている。

他にも三浦翔平石川恋清原翔長谷川朝晴でんでんがダンスをコラボするうちに渋っていた渡部篤郎も踊り始め、ついに浅野温子もノリノリとなる。『恋ダンス』や『左江内氏ダンス』などエンディングで踊るパターンはこれまでにもあったが、動物園で着ぐるみの動物と踊るという設定は番組のカラーにぴったりではないか。

ちなみに第1話で薄巡査(橋本)と須藤警部補(渡部)が殺人事件の真相を確かめるべくマンションの管理人に一芝居打って仕掛ける場面がある。そこに居合わせた制服警官・四十万拓郎(横山だいすけ)が「十姉妹はどうなるのですか?」と口にするが、あれは2人に合わせて管理人に向けて芝居したのではないか。チョイ役のはずがそうやって捜査に絡んでくるようだ。これからも“だいすけお兄さん”の演技に注目したい。

画像は『【公式】警視庁いきもの係 2017年7月6日付Instagram「お仕事お疲れ様ですっ!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部真紀和泉)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.