くらし情報『キャシー・ベイツ「がん公表を反対された」 乳房再建せず「あるように見せる必要ある?」』

2017年7月13日 20:30

キャシー・ベイツ「がん公表を反対された」 乳房再建せず「あるように見せる必要ある?」

キャシー・ベイツ「失った胸は再建しない、これでいいの」


映画『ミザリー』では小説にのめり込む女をまさに“怪演”、人気作家を恐怖のどん底に突き落とす恐ろしい役どころを見事に演じアカデミー主演女優賞を獲得したキャシー・ベイツ(69)。しかし2000年に入ると卵巣がんを患い、数年前には乳がんも患って両方の乳房を手術で切除した。

このほどキャシー・ベイツが『WebMD』に対し、がんを告知された頃を回顧。このように周囲の反応を振り返った。

「あれは2003年のことよ。卵巣がんになった時、エージェントにこう言われたの。『誰にも言わないように』って。」
「婦人科医もそうよ。彼女のご主人はこの業界で働いていたの。それで、こう言われたわ。『人には言わない方が良い。ハリウッドでは、まだ汚点のように思われてしまう病気だから』って。だから私も、(情報がもれないように)とても用心していたの。」

しかしキャシーは“ある人物”に出会い、自由に生きてもいいはずだと思いを改めたという。

「歌手のメリッサ・エスリッジよ。彼女のショーを観たわ。スキンヘッドでギターを演奏していたの。その姿を見て思ったわ。『彼女のようになりたい!』って。病気を隠すなんて、嫌だったの。」

メリッサ本人も乳がんを患い、化学療法を受けた結果髪が抜け落ちていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.