くらし情報『堂本光一、涙もろい福士蒼汰を羨み「素敵だな、俺もそっち行きたい」』

2017年7月18日 11:52

堂本光一、涙もろい福士蒼汰を羨み「素敵だな、俺もそっち行きたい」

感情がこみ上げてしまうため「テレビは無で見る」福士蒼汰


KinKi Kidsの堂本光一と俳優・福士蒼汰が7月16日放送のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で共演した。堂本光一が「泣いたことが全くない」と言い切る一方で、福士蒼汰はテレビでスポーツ観戦して泣いてしまうほど涙もろい。対照的な2人のエピソードからそれぞれの性格が垣間見えて興味深いものとなった。

「悔し涙や感動から泣いたことすらない」という堂本光一だが、2000年から17年続く主演舞台『SHOCK』に絡んで涙をこぼしたという情報がある。2002年6月27日付のスポーツ紙で「(堂本が)カーテンコールで、人前で初めて涙を見せた」と記されているのだ。初日公演の数時間前に彼が最終リハーサルで右足首のじん帯を切る大怪我をしてしまった。それでも「俺に舞台をやらせてください」とステージに立つが、満足のいくパフォーマンスができずにカーテンコールで泣いたという。

しかし当時の記事について番組スタッフが堂本に確認したところ、「泣いてない。メディアは何でも美談にするから困る」と否定した。さらにスタジオで司会の宮迫博之が再確認しても「泣いてないんちゃいますかね~。僕的には泣いてないと思う」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.