くらし情報『<押切もえインタビュー>少女時代は恥ずかしがり屋「カメラの前では大胆になれた」』

2017年7月20日 21:02

<押切もえインタビュー>少女時代は恥ずかしがり屋「カメラの前では大胆になれた」

子供の頃は内気だったという押切もえ


絵画では二科展絵画部門で2年連続入選、小説では山本周五郎賞候補へのノミネートなど、画家、小説家としても才能を発揮しているモデルの押切もえ(37)。彼女が執筆、表紙絵・挿絵を手がけた初の児童書『わたしから わらうよ』(ロクリン社)が7月4日に発売された。テックインサイトでは、また新たな扉を開いた押切にインタビューを実施し、じっくり話を聞いた。押切は、かつては内気で恥ずかしがり屋の女の子だったという。

『わたしから わらうよ』の主人公は、小学校3年生の桜。夏休みに鳥取のおばあちゃんの家に一人で行くことになり、不安でいっぱいだ。素直に気持ちを伝えられず、自分に自信がもてない桜だが、鳥取の豊かな自然と人々との交流のなかで、そんな自分自身と向き合っていく―。

■障がい者支援運動に参加したのが本書のきっかけ
―今回、児童書ということで少し意外だったのですが、なぜ児童書を?
押切もえ(以下、押切):以前から私が携わっている「あいサポート」という鳥取県の障がい者支援運動があるのですが、大使もさせていただく中で、ひとつの作品を残そうという話が出ていました。そこで、より多くの方に読んでいただける「本」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.